sakura-white-blue-icon

EdgeCortix SAKURA

エネルギー効率の高いエッジAIコプロセッサ

Supported 
Frameworks & 
Applications

ボードやシステム上でAI推論を高速かつ効率的にコプロセッシング するためのディープラーニング・アクセラレータASIC

EdgeCortix SAKURAは、EdgeCortix Dynamic Neural Accelerator IP40TOPSで実装したシングルチップのSoCです。エッジAIコプロセッサ・コアは、 EdgeCortix MERAコンパイラとソフトウェアフレームワークを用いて、ランタイムで再構成することが可能です。 これにより、 高性能を維持したまま、複数のディープ・ニューラル・ネットワークモデルを同時に実行することができます。

dna-blue-white-logo-v3
高い使用効率
並行ニューラルネットワークモデルで80%以上
edgecortix-high-speed-low-latency-icon
低レイテンシ
4msec以下 (負荷が高い推論モデル実行時)
edgecortix-power-efficiency-icon
優れた効率性
NVIDIA Jetson AGXに比べて16倍の推論/秒/W
EdgeCortix SAKURA is an edge AI co-processor built in TSMC 12nm FinFET, delivering 40 TOPS @ 800 MHz in a TDP of 10W

高解像度データストリームに対応

SAKURAは、高解像度ビデオフィードのようなストリーミングデータに対して高速なAI推論を必要とするアプリケーション向けに設計されています。TSMC 12nm FinFETで実装され、小さなフットプリントに優れたAI推論性能を搭載しています。また、この先進的なプロセスを利用することで、防衛、産業、その他のアプリケーション分野で一般的な長寿命のASICを長期的に利用できるようになります。

ハードウェア・アーキテクチャの概要

  • 最大40TOPS(シングルチップ)、200TOPS(マルチチップ)
  • ランタイムで再構成可能なデータパス
  • オンチップ 2x64 LPDDR4x ー 16 GB
  • PCIe Gen 3で最大16 GB/sの帯域幅
  • PCIeデバイスのTDP @ 10W~15W
  • ASICのTypical時の電力消費量 ~5W

様々な産業分野向けに高性能なAI推論を実現

  • 拡張現実(AR)と仮想現実(VR)
  • 自動車用のセンシング
  • 通信
  • 防衛
  • スマートシティ
  • スマートマニュファクチャリング
EdgeCortix-Sakura-10x-Energy-Efficiency-1024
EdgeCortix SAKURA PCIe Dev Card expands a host system with a powerful, yet efficient edge AI chip delivering 40 TOPS

PCIe x16 開発用カード

EdgeCortix SAKURAは、PCIe x16 の形状の開発用カードが提供され、ソフトウェア開発やAIモデル評価タスクのためにホストにドロップすることができます。

SAKURAのデータシートを確認

trust-capitol-co-ltd-logo

「EdgeCortixは、市場において実にユニークなポジションにあります。主要な産業分野でAIアクセラレーションを活用した大規模なビジネスニーズに対応していることに加え、市場参入のためのソリューションをどのように開発するかというそのビジネス戦略が、大きな差別化要因となっています。半導体企業は少し近視眼的傾向があり、ほとんどの企業は、いかに素晴らしいソフトウエアのコードを提供するか、または、半導体のハード設計に注力しているかのどちらかです。しかし、EdgeCortixの特徴は、ソフトウェアとハードウェアIPの協調設計を行い、顧客のニーズに応じたソリューションを提供するというアプローチにあります。ソフトウェア中心のハードウェア・エコシステムで提供するこのアプローチこそが、同社の成長のキーであり、AIアクセラレーションの分野では他に類を見ない企業です。」

藤井ダニエル
トラスト・キャピタル株式会社CEO 兼 代表取締役、
シリコンバレー・ジャパン・プラットフォーム エグゼクティブ・コミッティ・メンバー

SAKURAについて詳しく知る